保育園のこと。

3月になりました。
春の香りが漂ってきましたね。

このところ、じっくりゆっくり自分を満たしていました。
内なるバランスがもたらされ、育児や家事の時間と自分のための時間のバランスが取れてきて、毎日心地よく、丁寧に過ごせています。

週末の土曜日は、電動自転車を買いました。
4月から、ゆいちゃんは週三で、保育園に通えることになりました。

産前は、育児がこんなにも大変だとは思っていなかったので、ゆったり育児を楽しんで、、と、保育園に預けるなんて考えもせず、何にも準備していなかったのですが、育児にほとんどの時間を取られるのはキツく、仕事した方がリフレッシュになるんだと思い知り(笑)、この春からちゃんと仕事復帰しようと、認可保育所の申請を出していました。

この辺りは激戦区とは聞いてはいましたが、ムムムやっぱり通らず、無認可保育所も二箇所見学に行ってもダメで。。
あら?何だかこっちの線ではなささう、、と気がつき(もしこっちの線なら、どんな状況であっても宇宙の応援が入るはずなのです笑)
自分にとって、どんなライフスタイルが望ましいのかを再確認しました。

理想的には、マイペースに仕事ができて、自分のリフレッシュする時間も子どもとゆっくり遊ぶ時間もあって、自由でゆったりした毎日。

そしたら一時保育の中でも定期的に預けられる「特定保育」があることを思い出し、家からちょっと距離はあるんだけど、一番いいなぁと思っていた保育園に問い合わせたら、なんとすぐOKのお返事。
トントンと決まるとはこのこと。
この線だったのね^^

私自身、まだゆいちゃんとの時間も大切にしたい気持ちもあって、週5で預けるのは寂しいと思っていたのです。
でも経済的なことを考えると、今すでにファミリーサポートやベビーシッターを利用していて、そこそこお金がかかってるから、認可に週5で預けられたら一番安上がり、そんな下心がありました(笑)
でも、保育園の申請を出す準備をしている時、色々スムーズではなかったので(とにかく猛烈にめんどくさかった笑)、なんか違和感はあったのです。
「直感」は、違うよって教えてくれてたんです。
でもその時はどうしても入れたくて、それを無視しました( ̄∇ ̄)

ただ、保育園に入れようと思った昨年の秋、私はこうアファメーションしていました。

「私とゆいちゃんにとって、最高のタイミングで、ゆいちゃんが伸び伸びと楽しく過ごせるように、善意で運営されている素晴らしい保育園に入れることができます。」

そして、それは叶ったのです!

※アファメーションは具現化のための強力な念押しになります。理想の現実を創るのは、自分の意識の力ですヨ〜。

紆余曲折ありましたが、やっぱり最善の道に行くのだなぁ〜〜〜としんみり感謝💖

4月から少し環境が変わりますが、ゆいちゃんも私もマイペースに、新しい生活を楽しんでいけそうです。

さて、私はどうしようかなっ^^

とりあえず、8日からの屋久島で思いっきりリフレッシュ&パワーチャージしてきます!

shanti.aki

関連記事:

コメントを残す